不動産投資に詳しくなる|目指せ!投資のエキスパート

不動産

アパートに投資する

相続税対策が必要

不動産

不動産を所有していますと不動産価格が上昇すると相続対策が必要となります。不動産価格が上昇するたびに節税が話題となりました。身近な投資物件としてはアパートへの投資が考えられます。遊休不動産の活用としてもアパートの建設は比較的失敗のない投資物件となっています。日本は少子高齢化の時代を迎えていますが、アパート経営は昔から安定した収益を稼ぎ出しています。現在では人口は減少する時代に突入しておりますが、単身世帯の増加が顕著となっているのでアパートへのニーズは依然として旺盛です。投資物件に投資をする際に金融機関から借り入れて建設資金とすることで資産を借り入れで相殺することが出来ますから、相続対策としては賢明です。

アパートは管理が難しくない

投資物件としてアパートを選択しても管理の煩わしさはあまりありません。アパートには共用部分が少ないのでオーナーとして管理しなければならないことが少ないのが特徴です。入居者の確保を不動産屋に委託をすれば日常管理はそれほど手間を掛けずにすることが出来ます。もちろん、日常管理を専門業者に委託をすることも出来ます。また、収益を安定化させるためには専門業者にサブリースをすることも可能です。しかしながら、自分で管理する部分が少なくなればなるほどアパートから上がる収益は減少します。節税対策として投資物件でアパートを選択しても一定の収入を確保できなければ投資とは言えませんので、出来るだけ外部に委託しないようにすることが重要です。